ユメのアムウェイファンブログ

アムウェイ非公式ブログ。鍋・サプリ・レシピを紹介



アムウェイ「スティービー賞」獲得の意味を知ってる!?85年だぞ!

      2019/10/17

アムウェイビジネスをしている人でも、アップラインからしか情報を集めない人と、自分でも集めている人で大きく二極化するよね。

どっちが良いとか悪いとかじゃないけど、たまには自分で調べてみると、アムウェイを俯瞰的に見れるから、ユメはオススメ!

そして!!

アムウェイがスティービー賞を受賞!しかもゴールドとシルバー!これがゆめkのアムウェイメンバーで全く話題にならないので、カチン!!!

85年とか今風でいうとヤバタニエン!!

ということで、徹底解説してやるぜ!

ユメのファンの皆様も、ぜひ周りに教えてあげてねー!

スティービー賞を徹底解説、アムウェイやっぱりすごいぜ(男みたい 笑)

アムウェイの公式サイトに掲載された情報を解説していきます。

転載元 Amway公式サイト

アムウェイのニュートリライトが2019年度「国際・ビジネス賞」において、
「スティービー賞」(ゴールド&シルバー)を受賞
10月19日にオーストリア・ウィーンで開催される授賞式で表彰

2019年スティービー賞受賞

日本アムウェイ合同会社(本社︓東京都渋谷区宇田川町7-1、社長︓ピーター・ストライダム)は、ビタミンおよび栄養補助食品において売上高世界No.1ブランドであるニュートリライトが、第16回「国際・ビジネス賞」(International Business Awards®, IBA)において、「スティービー賞(Stevie® Awards)のゴールドとシルバーを受賞したことを発表します。

スティービー賞とは?

スティービー®賞は、積極的に社会に貢献している世界中の企業/団体や働くプロフェッショナルの業績を評価し、認知度を高めるために2002年に創立された、世界でもトップクラスのビジネス賞です。スティービー賞のトロフィーは誰もが憧れる栄誉の1つとなりました。

https://asia.stevieawards.com/ja/スティービー賞

ニュートリライト・トレーサビリティー・プログラムが、めちゃくちゃ大事

これらの受賞は、最近スタートした「ニュートリライト・トレーサビリティー・プログラム」の成功に焦点を当てたものです。「純粋な原料であること、安全であること、有用であること」を訴求するキャンペーンビデオに対して、PR部門で最優秀賞である「スティービー賞」のゴールドを、プログラム全体に対して、コンシューマー・ブランド・エクスペリエンス・オブ・ザ・イヤー部門の「スティービー賞」のシルバーを受賞しました。

純粋な原料であること、安全であること、有用であること!ここね!ここ大切なポイント。ここが評価されたということ!

そもそも、トレーサビリティーって何かわかる?

トレーサビリティ(英: traceability)は、物品の流通経路を生産段階から最終消費段階あるいは廃棄段階まで追跡が可能な状態をいう。日本語では追跡可能性(ついせきかのうせい)とも言われる。

これはトリプルXやニュートリの勉強会に参加している人は聞いたことあるよね!もしこの製品に何かあったら、どこでいつ作ったかわかるシステムだよ!

エシカル消費っていう言葉もあるので、興味ある人はググって!

85年の実績、こんなサプリメント他にある!?

「世界中の消費者、特にミレニアル世代が、自分たちが摂取する食品やサプリメントが、どのように作られているかに関心があることを知っています」と、アムウェイのグローバル・ニュートリション担当副社長カナン・バナジー(Kanan Banerjee) は述べています。

また、「85年間にわたりトレーサビリティーを実施してきたニュートリライトの舞台裏を共有し、アムウェイ・ビジネス・オーナー(ABO)が、当社の9つのステップにおける他社との違いを伝えられることを喜ばしく思います。当社は高レベルの精密な検査と管理により、純粋な原料を使用した、安全で有用なサプリメントを皆さまにお届けしています。

そして、こうした努力が認められたことをチームに感謝するとともに、非常に誇りに思います」とコメントしています。そして、こうした努力が認められたことをチームに感謝するとともに、非常に誇りに思います」とコメントしています。

「ニュートリライト・トレーサビリティー・プログラム」は、アムウェイ・ビジネス・オーナー向けの教育ツールとして開発されました。このツールは、お客様に透明性を提供し、ご家族に最適なサプリメントブランドを選択することの重要性を伝えるために使用されるものです。ツール内の「純粋な原料であること」、「安全であること」、「有用であること」の3つのビデオでは、お客様に最高のサービスを提供するために実施しているさまざまな工程について説明しています。

「サプリメントの成り立ちを伝えることは簡単なことではありません。消費者にとって適切で役に立つコンテンツを提供するのは難しいことですが、ニュートリライトの事例では、分かりやすいストーリーをうまく作り上げました」と、「スティービー賞」の審査員の1人は語っています。

世界的なプレミアムビジネス賞ゲット。4000以上の応募だぞ!

「国際・ビジネス賞」は、世界的なプレミアビジネス賞のプログラムです。公共・民間、営利・非営利や規模の大小を問わず、世界中のあらゆる個人および組織がエントリーできます。2019年「国際・ビジネス賞」には、74の国と地域の組織からの応募がありました。

ギリシャ語で「冠をいただいた」を意味する「スティービー」と称されるこの賞は、10月19日にオーストリア・ウィーンのアンダーズ・ウィーン・アム・ベルヴェデーレホテルで開催される祝賀会で受賞者に贈られます。

今年は、過去最高の4,000以上の応募が、あらゆる規模の組織、ほぼすべての業界から寄せられ、幅広い分野での検討が実施されました。

「スティービー賞」の受賞者は、5月から8月初旬にまで及んだ審査プロセスに参加した世界中の250人を超えるエグゼクティブ審査員の平均スコアによって決定されました。

「世界中から参加した『国際・ビジネス賞』の審査員は、今年審査したエントリー内容に非常に感銘を受けました。74た。今年10月にオーストリア・ウィーンで開催する祝賀会で、「スティービー賞」の受賞者を称えることを楽しみにしています」と「スティービー賞」を設立したマイケル・ギャラガー会長は述べています。

国際・ビジネス賞の詳細とスティービー賞受賞者のリストは、以下からご覧いただけます。
詳細はこちら

*ユーロモニターインターナショナルにより実施された世界のビタミンおよび栄養補助食品のグローバルブランドに関する調査より(総小売金額2018年)

2015年は日本企業15社

記事転載 引用先URL

今年の審査は、200人以上の世界中のエグゼクティブによって行われました。日本からは4つの組織がゴールドを受賞しました。

ビデオ(防災)部門で一般社団法人森の防波堤協会(宮城)、
ビデオ(PR:非営利団体の資金調達)部門でTMコミュニケーションサービス株式会社(東京)、
ビデオ(PR:エンターテインメント)部門で石井光三オフィス(東京)、
イベント(2万ドル以下)部門でお茶の西本園(鹿児島)です。
そして株式会社オフィス浦(東京)はウーマン・オブ・ザ・イヤーでブロンズを受賞しました。

2017年スティービー賞の受賞企業がすご!

TBM Co., Ltd.

株式会社TBMは、2011年の夏に創業した新素材メーカーだ。石灰石を原料とする紙とプラスチックの代替素材「LIMEX」を武器に、ビジネスとサステナビリティを両立し、日本 だけでなく世界でも加速度的に成長を遂げている。全国の「吉野家」のメニュー表や東京マラソンのマップ、NTTコミュニケーションズ・住友生命・スノーピークなど2,500社以上の名刺などに採用され、私たちに身近で活躍している。2018年には、伊藤忠商事、凸版印刷、大日本印刷などとも資本業務提供を発表した

とのこと。ビジネスよりすぎてだんだん何も言えなくなってきた 笑

超オススメ記事!!!

1
【緊急報告】ユメのAmwayブログお引越しです!!!!

ユメのブログを登録されている方にはご不便かけますが、新しいブログの方にメールアド ...

2
【本物??】車用空気清浄機がAmwayから発売!?アトモスフィアドライブ!?

山崎拓巳さんも井利元敏哉さんもシェアしていたから本当の情報!?Atmospher ...

3
Amway最強品質商品のサプリ!トリプルXに有機JASが付いていない理由知ってる?

今さらアップに聞けない知識!今回はAmwayでスタンディングオーダーといえばトリ ...

4
動画:期間限定アムウェイのアーティストリー化粧品の歌が可愛い!

Amwayメンバーって日本に100万人以上いるのに、youtubeの動画再生回数 ...

5
塩の事実!!だからアムウェイ商品 12ヶ月の食卓塩は超凄いと評判なの

食塩のほとんどは精製塩って知ってる? 精製塩とは? 塩化ナトリウムが99%を占め ...

6
15倍!10年!!10円!?マジ究極新トリプルエックスがこの夏新登場!!!

アムウェイといえばサプリメント、サプリメントといえばトリプルX。そのトリプルXが ...

7
1000億円超え!!アムウェイ2016年業績発表!!年間売上・・・

「アムウェイビジネス目線」今回は今までアムウェイをみてきたユメの考えを交えながら ...

 - アムウェイブログ