ユメのアムウェイファンブログ

アムウェイ非公式ブログ。鍋・サプリ・レシピを紹介



アムウェイ(Amway)はネズミ講では無いよ!2回目。

      2017/03/13

アムウェイ(amway)と調べると良く、ネズミ講とか、騙されたとか、ネットの情報を信じる人が沢山いるけど、本当に知りたかったらまずはAmazonで  図解ひと目でわかる日本アムウェイを読んでみてちょ!わかりやすいし、もしAmazonで買うのが嫌なら、近くの本屋でネットワークビジネス関連やマーケティング関連のコーナーでチェックしてみて!

アムウェイ(Amway)はネズミ講では無いよ!2回目。

どこの誰だかわからない人のアンチアムウェイ情報はマイナスイメージが多いし、アムウェイのネット検索って結局ネガティブな事情をゲットしてネットワークビジネスを阻止しよう!とエゴサーチ的な利用をする人が多くいる。

この本は、日刊工業新聞社が書いたものだから、別の視点から見てみてほしいです。

ネットの恐ろしいところは、自分の都合のいい情報しか目に入らない所!

アムウェイネットあるある

アムウェイメンバーになって6カ月やってみてわかった事!とかをブログに載せてるアンチアムウェイな人がいるけど(ひと昔と比べると減っているけど)、それだけアムウェイの関心度か高いという事だと思っています。ネットでアムウェイをネズミ講って行き着いた人は、ネズミ講の意味をしっかり調べてみて。

例えば、プロ野球選手を6カ月目指してみた、『ランニングも難儀、ユニフォーム代もかかる、グローブ代もかかる、土日は練習試合だから、プロ野球選手を諦めた』という人からアドバイス受ける人はいないのと同じで、夢を諦めた人のブログを見る事自体間違いに気づいてほしいし、諦めたい人はそういう人かれレッスンを受ければいい。

ユメだったら、夢が叶って成功している人のブログとかお話を聞くようにしている。よく成功者の近くにいると成功しやすくなると言われるよね!マインドって超大事!

人間関係がとか借金したとかあるけど、その逆の人生逆転お話エピソードの方が沢山あるんです!人間関係が無いビジネスって、FXや株みたいなものしか無いと思うけど・・・。そういう人も結局は誰かが作った家に住んだり、レストランで誰かが作った料理を食べたり、支出や収入には人が関わっているっていう事実!!!

アムウェイのおかげで結婚出来たとか、ビジネスはやってはいないけど健康になったとか、収入が増えたとか友達が増えたなどとかとかとかとかーーーー!良い情報を探してみるのも沢山あるよ。気持ち悪いほどそういうエピソードってたくさんあるけど、疑心暗鬼担っている人は、それ自体がネットワークっぽいよねー!っていうよね。

しかし!!!なんでもそうだけど、自分が素晴らしいと思っても無理に相手に勧めてもいけないし、嘘ついてアムウェイや他のネットワークビジネスを紹介するのも法律で禁じられています。

話がそれたけど・・・

ーーー

Amazonの『ひと目でわかる日本アムウェイ』の、レビューを紹介します。

ーーー

アムウェイがどのような企業か知りたい人に

アムウェイがどのような企業か詳しく知りたい人にお勧めです。アムウェイではなく、日刊工業新聞社が発行しているところが信憑性があるかと思います。

ーーー

Amazonで購入

人の噂を信じるか?

事実をきちんと受け入れるか?

素晴らしくわかりやすい本だ
先入観を持たずに読み、客観的に考える

ーーー

「マルチ商法は違法」と思っている方がいるんですね。

マルチ商法が違法なのではなく、登録しているディストリビューターの行為が違法行為である事が殆どなのです。

まず最初は「先入観を持たずに読む」事をお勧めします。

読み終わった後は、第3者的な視点で考えるのが良いと思います。

アムウェイに限らず、どのビジネスでも登録ディストリビューターが倫理綱領を破れば違法行為になるんです。

そういった事を改めて認識するには良い本だと思います。

「ビジネスをやればフェラーリに乗れる」などと考えて始めるような方こそ読むべきでしょう。

基本は「生活する事が仕事になる」って事を理解するきっかけになります。
客観的な視点で書かれていて、よく理解できます。

ーーー

万が一この会社に付いて情報が少なく不安を感じてみえる方は、ぜひこの本を書いた、日刊工業新聞社がどういう会社か調べてみて下さい。

そしてこの図解シリーズに取り上げられている会社はAmway以外にどんな会社があるのか調べてみて下さい。

誰もが知っている日本の有名な、名だたる会社のみが取り上げられているシリーズの書籍です!

絵や商品などの写真が沢山使ってあってとても分かりやすい記述になっています。

また、本書の”はじめに”の部分で「正直なところこの異色のアムウェイビジネスの本質を本書でどこまで表現...しかしこれからアムウェイビジネスを研究してみよう、始めてみようと考えている方々にアムウェイを知るひとつのキッカケとなれば幸いである」と記されています。

ぜひ素直な気持ちでご一読を!お勧めします。
よくわかります

ーーー

わかりやすく書いてあると思いますよ。

これからはじめようと思っている方、敵意むき出しの方、古いビジネスだと思っている方にもお勧めです。

そもそも、いろいろ理由をつけて、行動に移さず、文句ばかり言ってる方は、amway以外でも成功はしないでしょう。カズさんのようにね

これからは、対企業ではなく、対個人のビジネスが成功していくと思います。

可能性は無限ですよ。日本だけではなく、世界を舞台に展開できるんだから。

個人(顧客、社員)を大切にしないビジネスは続々となくなっていくでしょう。

可能性を感じてほしいと思います。
偏見を持たないで

ーーー

批判の声もあるようですね。

アムウェイを批判しているような人は、

分かってない人だと思います。

初めから偏見を持ってるからですよ。
もっと冷静に、真っ新な気持ちで

向き合えば良さが分かります。

ぜひ読むことをおすすめします。
ちなみにアムウェイの商品をいろいろと

使っていますが、ずっと健康を保ててるし、

悪いところがありません。

確かな結果があるのですから、

批判する人はホントにどうかしてるのではと思います。

その批判を読んでまた偏見を持つ人が増えると思うと

残念でなりません。

ブランド新聞社の出版した本だからこそ

ーーー

レビューで低い評価で色んなことを書いている人がいますが、一流の日刊工業新聞社が書いたものだから信頼できると思いますけどね。

新聞社も汚点を残すような馬鹿なことはしないはずです。

主観ではなく客観的に考えたら、両社ともしっかりしていると理解できるのでは?

もちろん、そんなことが出来ないから偏見でしか見ることが出来ないのでしょうけど。

ただし、Amwayではなく、一部のディストリビューターが倫理違反や法律違反をしているのは事実だと思います。
一部のディストリビューターが、イロイロ迷惑をかけているのも事実

警察官も、政治家も、学校の先生も、アメリカの基地問題も、どこにも、一部の人のおかげで、全体が悪く見えるように、だけどちゃんと仕事している人もいる事も分かってね

テレビやネットは、良い情報よりも悪い情報が、喜ぶ人が多いのも事実だという事も分かってるよね

多様性が進歩する時代

本のレビューを一部紹介しました。ねずみ講の意味も調べてみてください。そして日本ではネズミ講が法律違反で、会社として運営していはいけないという事実も理解してください。

ネットワークビジネスをやって本当にいろいろなことがおきた。ユメに限らずいろんな人がそう思っているはず。何か忘れていた人間関係や、こういう時間の使い方ができるんだ!とか、お金について考えたりとか。

アムウェイやっている人もやっていない人も、結局はひとりでは生きていけない。けど、インターネットやスマホが進歩することで、情報の信ぴょう性っていうのが曖昧になってきているし、本当のことを知るのって難しいのはそうだと思う。

だからこそ、自分が信じれる人、信じれるメディア、友達とかを見つけて、素晴らしい、楽しい人生を送れるよう願っています。

このブログを読んでいる皆様が、少しでも笑顔が多くなりますように!!!

超オススメ記事!!!

1
【緊急報告】ユメのAmwayブログお引越しです!!!!

ユメのブログを登録されている方にはご不便かけますが、新しいブログの方にメールアド ...

2
【本物??】車用空気清浄機がAmwayから発売!?アトモスフィアドライブ!?

山崎拓巳さんも井利元敏哉さんもシェアしていたから本当の情報!?Atmospher ...

3
Amway最強品質商品のサプリ!トリプルXに有機JASが付いていない理由知ってる?

今さらアップに聞けない知識!今回はAmwayでスタンディングオーダーといえばトリ ...

4
動画:期間限定アムウェイのアーティストリー化粧品の歌が可愛い!

Amwayメンバーって日本に100万人以上いるのに、youtubeの動画再生回数 ...

5
塩の事実!!だからアムウェイ商品 12ヶ月の食卓塩は超凄いと評判なの

食塩のほとんどは精製塩って知ってる? 精製塩とは? 塩化ナトリウムが99%を占め ...

6
15倍!10年!!10円!?マジ究極新トリプルエックスがこの夏新登場!!!

アムウェイといえばサプリメント、サプリメントといえばトリプルX。そのトリプルXが ...

7
1000億円超え!!アムウェイ2016年業績発表!!年間売上・・・

「アムウェイビジネス目線」今回は今までアムウェイをみてきたユメの考えを交えながら ...

 - アムウェイ勧誘